男性の体型タイプ別 似合うシルバーアクセサリー選びのコツ

silverring

男性がアクセサリーをつけるのは、ともすると、おかしな組み合わせになるので注意が必要です。

自分にあうシルバーアクセを選ぶコツを紹介したいとおもいます。

まず、アクセサリーを選ぶ際に最も注目するポイントは、自分の体型、タイプです。

アクセサリーを選ぶ際には、男性は筋力系タイプと、痩せ型色白タイプの2タイプに分けられます。

筋力系タイプに似合うシルバーアクセはズバリこれ!

その名の通りなのですが、筋力系タイプとは、色黒で、筋肉質(太っている方も含みます)、身長はやや低めから中位(160センチ〜170センチ位)の方です。

こちらのかたに合うシルバーアクセサリーのナンバーワンは、シルバーのチェーンタイプのネックレスです。

特にファッション初心者の方、アクセサリーをつけた事が無い方などは、このネックレスをつけるのが最も無難です。

体格の良い方は、首が太い場合が多く、チェーンネックレスは、首の太い方に似合うのです。

その他、男性らしい体型の方で、もう一歩進んだファッションをしたいかたは、ピアスに挑戦する事です。

お勧めは、片方だけにピアスをするつけ方ですが、この方法は少し高度なファッションなので、ある程度、自分の着こなしに自身のある方がやった方が良いと思います。

色白痩せ型タイプに似合うシルバーアクセってどんなの?

一方、色白痩せ型タイプの方に、最も合うシルバーアクセサリーは、シルバーリングです。

上記に述べた通り、ネックレスはやめた方が良いと思います。

色白痩せ型タイプは、その名の通り、顔色が白っぽく、ウエストが細く、腕も細い、きゃしゃな感じの男性を言います。

いわゆるスタイルの良いタイプで、ファッションに関しては、洋服の着こなしにはあまり困らないと思います。

このタイプの男性は、少し女性的に見られがちなので、シルバーアクセサリーのつけ方には、多少注意が必要です。

ピアスなどをつけても、あまり、「カッコいい」イメージにはならない事が多いです。

逆に、この色白の細身をきれいに見せるのには、腕や指の細さを利用する方がファッショナブルです。

シルバーリングのほかに、シルバーの時計をアクセサリー代わりに目立たせるのも良い着こなし方です。

シルバーリングでしたら、片方の手に2指程度つけても良いと思います。

リングの選び方は、なるべく太めで、シンプルなリングが無難で、指が大変綺麗に見えます。

この筋肉質タイプか色白タイプ、どちらに近いかを自分で探して頂いて、似合うシルバーアクセサリーを探して頂けると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする